「こじらせ男子」になってませんか?予備軍・危険度チェック

「こじらせ男子」とはどんな男子なんでしょうか?「こじらせ女子」という言葉が流行りましたが、違いは何なのでしょうか?

※こじらせ女子についての説明はコチラ

「面倒にする」「難しくする」といった意味をもつ拗らせるという単語を女子につけ、自分の女性らしさに自信が無く、女性らしい人物に対する劣等感が強いため周囲から付き合いが面倒くさいと思われがちな女性
出典:https://www.weblio.jp/content/%E3%81%93%E3%81%98%E3%82%89%E3%81%9B%E5%A5%B3%E5%AD%90

貴方はそんなこじらせ男子になってませんか?周りから面倒だとか痛い人だと思われてしまいますので注意が必要です。
それではさっそく「こじらせ男子」になっていないかチェックしていきましょう!



こじらせ男子とは?

コミュニケーションをとるのが苦手で、特に「こじらせ男子」は恋愛においてはかなり消極的です。コンプレックスがあることが多く、なかなか心を開けない傾向にあります。

他人とコミュニケーションを取りたがらない

「こじらせ男子」の多くは他人が苦手と意識に囚われて、コミュニケーションをとらなくなっていき、他人が苦手という苦手意識が強くなり、目を合わせる事すら難しくなるこじらせ男子が急増しているようです。いわゆるコミュ障といわれる人達ですね。あなたは大丈夫ですか?「こじらせ男子」にならないためにもコミュニケーションをしっかりとりましょう!

群れるのが嫌い

飲み会やイベントに誘われても頑なに断り続けてる人は周りから「こじらせ男子」と思われている可能性が高いので要注意です!
みんなで仲良くワイワイ楽しんでいる人たちを「パリピ」と呼んで見下していたりしたらかなり危険です。どんどん孤立していってしまいます。モテる男になるうえでも協調性はかなり重要になりますので、肝に銘じておきましょう!

こじらせ男子は服装が地味?

「こじらせ男子」は自分はチャラい奴等とは違うと、ファッションや髪形を無難なものにしがちです。これはコンプレックスなどから来る、どうせ自分には似合わないという心理が働いていると考えられます。
しかし、実際コンプレックスを除けばおしゃれにキメたいと思っているのも「こじらせ男子」の特徴です。自分には無理と決めつけずにまずはトライしてみましょう!

こじらせ男子は恋愛経験が少ない

上記で述べたように、「こじらせ男子」はコミュニケーションを取ることが少なく、周りとの交流を遮断する傾向にあるので、必然的に恋愛経験が少なくなります。
その経験の少なさがコンプレックスとなり、余計に「こじらせ男子」を悪化させる悪循環になっているのです。誰か特定の女子を好きになっても、自分から声をかける事は少ないです。これはフラれる事を恐れ、相手からのアプローチがあるまで自分からは動かないというつまらないプライドから来るもので、自分がただ何もせずにいたため意中の女子が他の男性に流れていったのにも関わらず、自分には魅力がないと勝手に思い込んでしまう。まさに「こじらせ男子」です。

こじらせ男子はオタク気質?

こじらせ男子は自分の好きな事に熱中するタイプが多いです。ゲームやアニメ・漫画・アイドルなど、様々な分野でオタクなっぷりを発揮している人が大多数。
ハマっている事にはとことん熱中して他の事が目に入らなくなってしまったりします。
自分の得意分野では独壇場で相づちを打ちながら話を聞いていれば、延々と話して、止まらなくなるのも「こじらせ男子」の特徴です。
まさに「こじらせ男子」ですね。

こじらせ男子にならないよう注意しましょう

「こじらせ男子」の条件に当てはまってましたか?もし該当するところがあったら少しずつでも改善していきましょう!

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
プッシュ通知を