【スタイリング】男性のスタイリングは知識も大事!

髪形を変えたら、スタイリング剤も変えていますか?

そもそも普段はどんなスタイリング剤を使っていますか?

男性のヘアセットに使われるスタイリング剤は主に、
「ワックス」「フォーム(ムース)」
「ジェル」「グリース(ポマード)」
「キープスプレー」
がありますね!

色々見てみても、友人男性の話を聞いても、

スタイリング剤の選び方や使い方を様々でどれが正解なのか分からない人が多いんです!

 

そもそもスタイリング剤は、美容室(理容室)で作った髪型に動きや質感をつけたり、それをキープするためのものです。

髪型が変わったら適したスタイリング剤も変わるはずで、

髪質によってもスタイリング剤の向き不向きもあります。

スタイリング剤にも流行があり、技術も着々と進化しています。

髪形にあったスタイリング剤を変えてみると、

セットしやすくなったり、キープ力も高まるので、

同じアイテムを使い続けている人は、ぜひ見直してみてください。

 

スタイリング剤の種類別に特徴


まずはワックス!!

ソフトからハードまでセット力が幅広く、質感もウェットからマットまでさまざま。

短髪からロングヘアまで、どんなスタイルにも対応でき、使い勝手はナンバーワン!

スタイリング初心者でも簡単に使えます。

難点は、油分が多いため髪が細くて柔らかい人が使うと、ボリュームが出にくかったり、すぐに潰れてしまうこと。

薄毛が気になるなら、避けて正解です。

しっかりと乾かした状態から使ってもいいし、少し濡れた状態から使ってもいいし。

本当に幅広く運用できるので、まずは練習もかねて色々使ってほしいですね!

【役割】
スタイルに動きと質感をつける。

【適したスタイル】
オールジャンル


続いてがフォームタイプ。

泡で出てくるタイプのスタイリング剤。

ワックスよりも油分が少ないため軽くてベタつかず、

ふんわりとした動きやニュアンスを保てます。

髪のボリュームが出にくい人や薄毛に悩む人には、フォームによるスタイリングがおすすめ。

ソフトタイプからハードタイプまでセット力も幅広くそろっています。

ソフトタイプはミディアムヘアからロングヘアに。

ハードタイプは束感とツヤ感が出せるので、ショートヘアに適しています。

タオルドライ後の湿った髪になじませてからドライヤーをあてると、よりふわっとした動きが作れますよ!

【役割】
ソフトタイプ…ふんわり柔らかい動きやニュアンスをつける。
ハードタイプ…毛束とツヤ感を与え、強すぎないエッジを出す。

【適したスタイル】
ソフトタイプ…ミディアム〜ロングヘア。パーマスタイル。
ハードタイプ…ショートヘア


ジェルタイプ

ゼリー状のスタイリング剤で、一般的にはチューブ状のパッケージに入っています。

濡れたような質感を与えながらガチッと固めるのが得意で、セット力は1位!

刈り上げスタイルやサイドが短い七三ヘアなど、ビシッとキメたい短髪ヘア作りに最適です。

トップをツンツンと立てたり、耳周りの髪をタイトにまとめるのにも便利。

男らしさや清潔感が高まります。

その分、固まった後にクシを通したり、スタイリングをやり直すことはできないので注意しましょう。

乾いてしまうまでにさっとスタイリングができないときは、

髪の毛が少し濡れている状態でするのもいいかもしれないですね!

【役割】
髪が動かないようにガッチリ固める。ツヤ感を与える。

【適したスタイル】
刈り上げスタイル、サイドが短い七三ヘア


グリース

以前は「ポマード」と呼ばれていました。

50代前後の方にはなじみが深いアイテムかもしれませんね。

ジェルと同様、こちらもジェリー状のスタイリング剤ですが、ジャー容器に入っているものが多いです。

ジェルよりもセット力が弱く、濡れたような質感を与えつつも柔らかい動きを出せるのがポイントです。

オールバックやツーブロック、ソフトモヒカンといったスタイルを作るときに活躍します。

紳士的な雰囲気が加わるので、フォーマル、トラッド、クラシカルなテイストを求める人にもマッチするはずです!

剥かS地違って今は香りのバランスもとれているのですごく使いやすいと思います!

【役割】
柔らかくてなめらかな動きを出す。ツヤ感を与える。

【適したスタイル】
オールバック、ツーブロック、ソフトモヒカン


スプレータイプ

ワックスやフォームなど、他のスタイリング剤で作った動きをキープするために使う仕上げ用のヘアスプレーで、

これ1品だけでは基本的に使いません。特にくずしたくない部分へピンポイントに使うのもOK。

ソフトからハードまで、さまざまなセット力のものがそろっています。

セット完了後に手グシを通してもフレーキングしない(白い粉が吹かない)ものや、

バリッと固まらないタイプもあるので、ふんわり柔らかい動きやボリューム感を維持したい人はそちらを選んでください。

【役割】
スタイリングの仕上げに使うことで、スタイルを長持ちさせる。

【適したスタイル】
オールジャンル


ジェルとワックスを混ぜて使ったりなど、それぞれの質感を理解できて来たら応用も出来るので、

まずは特徴を理解して、自分の今のヘアスタイルに合ったスタイリング剤を使っていきましょう!

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
プッシュ通知を