【モテる】男はスキンケアを怠らない?Part3

メンズスキンケア化粧品の正しい使い方

「洗顔料」「化粧水」「乳液」の正しい使い方についてお話していきますね☆

・1回の適量を確認する
・使用する時は、叩いたりこすったりしない

という点に注意して上手に肌をケアしていきましょう♪

洗顔料の使い方

洗顔をする時は、肌を傷つけないように注意が必要なのです!

・シャワーのお湯を直接顔に当てる
・すすぐ時に顔をこする
・タオルでゴシゴシと拭く

といった肌に刺激を与えてしまうような行為は控えるようにしましょう。

まず、手順としては

泡立てネットを使って、しっかり泡立てる!

洗顔は、泡の吸着によって汚れを落とすので、
泡立てネットを使ってきめ細かい泡を作ることを心がけましょう。
逆さにしても落ちないぐらいのしっかりとした泡が理想です。
よく女性の洗顔のCMで見ませんか?♪

泡を撫でるように顔に乗せる

手でこすると肌への刺激になってしまうので、
顔には直接手で触れず、泡を撫でるように顔に乗せていきましょう♪

「30℃〜32℃」を目安にぬるま湯で丁寧にすすぐ

これよりも温度が高いと、皮脂を取り過ぎてしまい乾燥の原因になり、
反対に温度が低いと、余分な皮脂が落ちずに汚れが残ってしまいます…

 

洗顔時は、手で顔をこすってしまいがちですが、肌が傷ついてしまうため、

泡を顔に乗せる時や、ぬるま湯ですすぐ時も、なるべく手が顔に触れないようにするのがポイントです。

同じ理由で、顔を拭く時は、タオルを顔に押し当てながら、ゴシゴシと拭かないようにしましょう

女性はメイクもあるので更にひと手間かかっているのです!面倒くさがらずにやってくださいね♪

化粧水の使い方

メンズ, スキンケア

化粧水をつける時の注意点は…

・手で直接つける
・洗顔後できるだけ早くつける!

手で直接つけることにより、化粧水が体温で温められて、肌へ浸透しやすくなるんです♪

洗顔後は、肌の水分や皮脂が失われている状態なので、なるべく早く化粧水で潤いを補充してあげる必要があります!!

使い方は…

適量を手のひらに出す
1回の分量は化粧水によって異なりますが、迷ったら、500円玉程度の大きさを目安です♪

顔全体を包み込むように化粧水を優しく馴染ませる
全体に馴染ませた後、おでこ、鼻、頬の順に指の腹を使ってつけていくと効果的ですよ☆

再度、化粧水を手に取って、目元、口元につけていく
目元、口元の皮膚は乾燥しやすいので重ねづけすると、しっかりと保湿できます!

化粧水は、つけすぎると蒸発時に肌内部の水分も奪ってしまうので注意しましょう。

肌がつっぱったり、べたつかなくなったら、化粧水が十分に浸透したサインです。

 

乳液の使い方

乳液は男性は女性より皮脂が多く出るので中止してください!

・手で直接つける
・皮脂量の多いTゾーンはつける量を抑える

ことを意識しましょう。

乳液のつけ方…

量を手のひらに出す
1回の適量は大体、1円玉程度の大きさが目安です♪

目元や口元に乳液をつける
目元、口元は皮膚が薄く、乾燥しやすい部位なので初めにつけるようにしましょう!

手のひらで乳液を頬につける
手のひらで包み込むように頬に乳液を馴染ませます。肌に刺激を与えないように優しくつけましょう。

最後にTゾーンにつける
皮脂量の多いTゾーンは最後につけます。額や鼻のテカリが気になる場合は、つけなくても大丈夫です。

化粧水の時と同様、手でつけることによって、体温で温められて肌に馴染みやすくなります。

そして、額から鼻にかけてのTゾーンは、つけすぎるとベタつくので少量にとどめましょう。

もし、乳液をつけすぎて顔がベタつくようなら、ティッシュで優しく押さえて乳液の量を調整しましょう。

 

これで、使い方をマスターしていきましょう!

美肌こそモテる近道!

清潔感をぐーーんと上げていきましょうね♪

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
プッシュ通知を