あまり有名じゃないけど、是非オススメしたい映画やドラマ

 

余り有名じゃないと言われても、有名なところしか見てこなかったので
今はもう名前を聞かなくなったなという映画や、海外ドラマを紹介したいと思います。
海外ドラマはシーズンがかなり長くなることが多いので全てを見るには大変ですけど、
スマホでも見れる時代になってきたので、時間があるときには見てもらえるといいのかなと思います。

①ホワイトカラー(海外ドラマ)

収監中の天才詐欺師が、知的犯罪捜査のコンサルタントになる代わり制限付きの自由を与えてもらい、
過去詐欺仲間と一緒に協力をしてFBI捜査官と共に繰り広げるミステリードラマ。
自身の経歴を生かした助言や、培ったテクニックを駆使してニューヨークに蔓延する知的犯罪を解決していく一方で、彼自身の問題を解決していく。知略対知略を見届けるのに、色々と考えさせられたり裏切られた考えが出てきたりとハラハラが最後までなくならない作品です。主人公の過去と最後には本当の意味で自由を手に入れられるのか???

②ピエロがお前を嘲笑う(映画)

冴えない青年がハッカーに憧れ技術を磨く一方、大学生になっても冴えない生活は変わらなかった。
密かに想いを寄せる女性のために、テストの答案用紙を盗もうとするが失敗。
罰として社会奉仕活動を命じられているところでハッカー集団「クレイ」に入ることに・・・。
『ドラゴン・タトゥーの女』とか『マトリックス』とかが好きな人はオススメかなと。

③マスク(映画)

マイナーではないですけど、これは好きすぎるので。
ジム・キャリー主演の怪人になって活躍するコメディー映画。
子供ながらに笑いながら見ていた記憶が今でもあります。
ちなみに、女性を主人公にして再び怪人マスクが大暴れする日も来るのかもしれない・・・・

④グレイズ・アナトミー(海外ドラマ)

医療系のドラマで大人の女性には人気のある作品です。
長期にわたってやっているので、キャストもシーズンごとに変化はありますが、
色んなキャラたちの複雑な恋愛情景がかなりドロドロで、日本ドラマでは見れない面白さがあります。
「ゴシップガール」「デスパレートな妻たち」なども面白いです。

⑤ジュマンジ(映画)

最近2らしきものを発見して見てみました。
1の時は双六のようなボードゲームを主体に現実では起こりえない現象を繰り広げて、ゴールするまで終わることができないファンタジー映画です。双六のマスに止まりジャングルで猛獣に追いかけられたり、ハンターに命を狙われて、ゴール間際までヒヤヒヤしながら子供と一緒に楽しめる内容です。
2になると、時代の流れに合わせてテレビゲーム機へ。ゲームの世界で自身がゲームキャラとなってライフを失うと本当に死んでしまうゲームをクリアしていく物語。20年の時を経て2が映画化され、3の製作までされています。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
プッシュ通知を