女子にモテるアイテムはペニーボードがおすすめ

スケートボードというとこのような大きめのボードでジャンプしたりトリックをするものとイメージする人が多いかもしれません。

オーストラリアで生まれたペニーボードというボードはトリックを目的としておらずクルージング(移動)で滑ることを目的としたものです。
このペニーボードが今流行っているのです。

 

なんと街でもこんな感じで滑れちゃうんですよ!

それでペニーボードがなんで女の子にモテルかというとやたら技を見せつけてアピールするのではなく
さり気なく街を滑ってスマートにかっこいいからなんです!

女性にモテるって男性にとっては永遠のテーマですよね(笑)
少しでもかっこよくなってモテモテになりましょう♫

公園でも道路でも手軽に滑れちゃうんです。時々駅で滑っている人も見かけますね。
ただ転倒などにはくれぐれも気をつけてください。

それではまず初心者にハウトゥーしていきます。思ったより簡単に滑れますよ。

What is a Penny board?

ペニーはオーストラリア発のミニクルーザースケートボード

まずは、街で大流行中のペニースケートボードについて簡単に説明していきましょう!

ペニースケートボードは「オーストラリア発のプラスチック素材のミニクルーザースケートボード」のことです。

下の写真がペニースケートボードの写真です。

 

 

コンセプトはクルージング向けスケートボード

ペニースケートボードはクルージングスケート向けに作られたスケートボードです。

クルージングスケートとは、いろいろな場所をプッシュで移動しながらスケーティングをすることです。

現在主流のスケートボードはトリックを中心に楽しめる形状になっています。
対してペニースケートボードのようなミニクルーザーはプッシュやターンなど純粋なスケーティング自体を最高に楽しめるのがコンセプトになっています。

危険で過激なトリックに挑むよりも、風を感じながら純粋なスケーティングを楽しみたい人にはおすすめです。

普通のスケートボードとは何が違うの?3つの大きな違い!

小さく軽い!

デッキ(板)がプラスチック!

とっても速い!そして静か!

 

 

 

 

 

乗り心地がいい!

デザインも豊富!しかも可愛いのやかっこいいのもたくさんある。

価格も安い!

持ち運びも楽!リュックで運べます。

 

逆に悪いところは。。。

小さくてバランスとるのが難しい。

トリックには向いてない。

 

こんな人に向いています。

気軽に滑りたい。

サーフィンやスノーボードのオフのトレーニングをしたい。

ダイエット、エクササイズ、シェイプアップしたい。

趣味がほしい。

そして女性にモテたい!(笑)

女性にモテたいという動機で始めることは不純ではありません。

男性として純粋な気持ちなのです。堂々としましょう♫

ペニースケートボード乗り方は?

プッシュ」「ターン」「チックタック」など基本テクニックを身につけてまず滑れるようになりましょう。

家から近所に買い物も簡単に行けますよ(*^^*)

こちらペニーボードの初心者の方の動画です。


まず軸足(右利きなら大体左足)をボードの先端(ローラーの下辺り)に載せます。

利き足(多分大体の人は右足)をボードの右側に置いて、ボードの後ろ側に乗せる。

そしてまずバランスを取って10秒間くらい立つ!

それができるようになったら軸足を載せたあと利き足で地面を軽く蹴って軸足をボードに載せてください。

前に進むはずです。バランスをとって3秒位滑れたら立派なものです。

その際バランスは前側にしておいてください。後ろ側に重心をかけ後ろに転んだら大変です。後頭部を打ってしまうかもしれません。

必ず前側または下に重心をとってくださいね。

ダミーのペニースケートボードとよく似た類似品・粗悪品があります。

3000円くらいの格安ミニクルーザーは滑りが悪いんです。

私も初めは格安で大丈夫だろうと思って買ってみました。そこそこ滑りはしますが性能がすごく劣ります。

すぐに良いやつが欲しくなるのでどうせならペニーボード正規品を買ったほうがオススメです。

値段もそこまで高くはありません。
しかしペニースケートボード以外の他の全ての商品が悪いわけではないです。

スケートメーカーなどが販売しているミニクルーザーならペニースケートボードとだいたい同じくらいの性能を持つものもあります。

「バナナボード(ゴールドカップ)」、「バイナルクルーザー(ステレオ)」、「バンタムクルーザー(グローブ)」などです。

でもペニーボードというくらいなので正規品のペニーボードがやっぱりオススメですね。

こんな感じでPennyと刻印があればおそらく本物だと思います。

 

類似品とペニーボード正規品の比較動画です。

サイズは2タイプ!

ペニースケートボードのサイズは大きく分けて2つあり、22インチタイプと27インチ(ニッケル)タイプです。

22インチはデッキの長さが約55cmで、27インチは68cmとそこそこの差があります。

それぞれの特徴としては、22インチは小さくて持ち運びも最適で扱いやすいのが特徴ですが安定性は低いです。
逆に27インチは安定性が高く初心者にも比較的乗りやすいですが、持ち運ぶには少しかさばります

どちらも違った楽しみができますが、わたしはコンパクトで扱いやすい22インチがおすすめです。!

また転倒は仕方ないのですが、手首や肘、膝を守るためにプロテクターがあると更にいいですね。

はじめはどうしても多少転んでしまうかもしれません。

チックタックという技をやるトキは特に注意してください。私はチックタックでバランスを崩し何度も転びました(笑)

車や歩行者がいないところで滑る練習をしましょう。公道にでれるようなら立派なものです。

外国人女性がペニーボード初心者動画をあげてくれてます。

初めてのペニーボードでプッシュを教えてくれる動画です。

人の少ない公園がオススメですね。地面がゴムっぽいところは滑りは少し悪いですが転んでもあまり痛くないのでいい感じです。

ガタガタしていないツルッとした地面のところは滑りがよくて本当に気持ちいいです。

彼女とデートでペニーボードを持って公園なんて良いですよね!憧れます(笑)

そうなるとファッションにも気を配りたいものです。

まずはシューズは必須ですね。

スニーカーやランニングシューズなんかオススメです。サンダルはやめましょうね。足の指を挟んだりしたら泣けますよ(笑)

ボードを持ち運べるリュックもあります。

ズボンやシャツや帽子なんかもかっこいいといい感じです。

さり気なくサングラスなんかもいいかも。

ということで今回はペニーボードを滑って女の子にモテちゃおうという特集でした。

いかがでしたでしょうか?

さり気なくスマートに乗りこなしてかっこよく時間を過ごしたいものです。

友達と遊ぶのもいいですし、デートにもいいかもですね♪

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
プッシュ通知を